知識編

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

今回はそもそも相場の分析ってどうやってやるのか?

という疑問に答えるために

ファンダメンタルズ分析テクニカル分析

についてお話していきます。

ファンダメンタルズ分析

まず、ファンダメンタルズとは、

 

経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳されています。

 

簡単に言ってしまうと、ファンダメンタルズ分析は経済のニュースや偉い人の発言、経済指標など為替に関係する情報から今後の相場の動きを予想する分析方法です。

 

ただ、このファンダメンタルズ分析はどちらかというと長期の取引で有効となるため、短期取引であるバイナリーオプションではそこまで重要視されていません。

 

なので現段階では、「為替相場は上記の要因によってある程度予想できるんだな」というくらいの理解で大丈夫です。

 

ただし全く経済ニュースを気にしないのは非常に危険です。

 

といっても経済について勉強したわけでもなく、経済ニュースを毎日観る必要はありません

 

 

そもそも「指標」とは

 

経済指標は、各国の公的機関等が発表する、経済状況を構成する要因(物価、金利、景気、貿易など)を数値化した、経済の現状や過去からの変化を正確に把握できるものをいいます。これは、マーケット(相場)が、その国の経済状況に応じて変化するため、将来のレート(価格)の方向性を予測する上で非常に役立ちます。現在、具体的な指標については、相場に影響を与えるものが数多くありますが、その中でも世界最大の経済大国である「米国の経済指標」が特に注目されています。

出典:iFinance

要するに、「為替に影響を及ぼすニュース」

 

くらいの認識で大丈夫です。

 

一応、GDP(国内総生産)の値を例に説明します。

 

米国の GDPが発表される際に、上昇するという予想があったとします。

上昇するということは経済が上向きということなので

米国のドルの価値があがる。という予想がされますよね。

 

つまりこの予想が出た段階で「ドルの価値が上がる」と予想をされているわけですから

投資たちの多くはドルを買います。

 

そうするとドルの価値が上がり、ドル高が進みます。

 

そして、実際の発表時・・・

もしそのまま上向きの発表があれば、ドル高は更に進みます。

逆に下降の発表があったとしたら

ドルの価値は落ちると予想されるのでドルを売られるのが進み、ドル安の方向に進みます。

 

よって、こういった指標が近づくにつれて基本的に相場変動は激しくなる傾向にあります。

 

このように

 

こうなってしまったらテクニカル分析では動きを予想することは非常に難しいです。

 

なので指標発表前後(30分前後)は取引を控えるのが無難です。

 

そしてオススメの経済指標のサイトが

 

Yahooの経済指標

https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/

 

ザイ FX

http://zai.diamond.jp/fx

この2つになります。

 

なぜ2つのサイトを見るのかというと、サイトによって掲載されている指標が異なるためです。(ザイには載ってるけどYahooには載ってないみたいに)

 

なので、毎日この2つのサイトはチェックしましょう。

 

そしてこちらが、実際のYahooの経済指標になります。

 

指標の重要度によって★マークの数が違ってきて、重要度の高いものほど★の数が多くなっています。

 

重要度の低い指標の場合、相場への影響が少ないため状況を見て取引するのもありだと思います。

 

ただ、最初のうちはその判断も難しいため、

 

「指標発表の前後30分は取引をしない」

 

と割り切った方がいいと思います。

アメリカの主要な経済指標

  • 米雇用統計(米・非農業部門雇用者数)
  • 米FOMC政策金利発表
  • 米国GDP
  • 米雇用統計(米失業率)
  • 米雇用統計の先行指標と言われている「米・ISM非製造業景況
    指数」米国雇用統計は、日本時間で毎月第一金曜日に発表され、最も重要視される指標です。
    米国GDPは、 4月、7月、10月、1月の下旬に発表されます。 特に4月の速報値発表時に大きく相場が動くと言われています。

ユーロの主要な経済指標

  • ユーロ主要経済指標
  • GDP暫定値
  • ドイツ鉱工業生産指数
  • インフレ指標
  • M3
  • ドイツの失業
  • 各国財政赤字
  • IFO景況指数

ポンドの主要な経済指標

ポンドは住宅関連統計が注目される傾向にあります。

  •  住宅価格指数
  • 全国の平均住宅価格(ネーションワイド住宅価格)
  • 全国の平均住宅価格(HBOC住宅価格)など

 

テクニカル分析

一方のテクニカル分析とは、

 

「過去の値動きから未来の未来の値動きを予想する分析方法」

 

となります。

バイナリーオプションの場合では、過去の値動きを見ながらその特徴を見極めて「High / Low」を判断し ていきます。

そしてテクニカル分析には、チャートと呼ばれる下の画像のような過去の値動きをグラフにしたものを使用します。

 

 

このチャートを用いて

 

「こういう値動きをした後はこういう動きをしている」

 

というようにチャートの中からパターンを見出して、そのパターンが過去に遡った時にどれくらいの確率で正しいのかを計算し、確率の高かったパターンを用いて取引を行っていくことになります。

 

ですので、まずはこの「確率の高かったパターン」を見つけ出すのが非常に重要となってきます。

まとめ

今回は取引日の前の重要な話としてテクニカル分析とファンダメンタルズ分析について説明しました。

今後バイナリーオプションに取り組もうとしている皆さんには必須の知識をなるのでしっかりと理解して取引に臨みましょう!!

 

バイナリーの口座はハイローオーストラリアがオススメ

オススメのバイナリーオプション業者としては断然ハイローオーストラリアです。

ペイアウト率も1.85倍〜2倍

最も使用されているバイナリーオプション業者です。

口座開設はこちら

 

-知識編

© 2020 バイナリーオプション入門 Powered by AFFINGER5